解説

【解説】KGWにおいて51%を超えることが問題となりにくい理由

投稿日:

さて昨日一昨日と注意喚起記事を書きましたが、どうやらKGWにおいては51%はあまり問題にならない可能性があるとの意見が出てきました。 今回は、その意見の考え方についてちょっと解説してみたいと思います。

まず、一般の方式とKGWの違いを。 一般のブロックの難易度決定方式は一定のブロック間隔ごとに、その期間中の平均ハッシュレートを元として次の難易度を決定しています。

それに対しKGWでは、1ブロックごとに過去のハッシュレートを元にして難易度を決定しています。

それぞれの難易度決定方式はそのように動くのですが、では51%攻撃がなぜKGWにおいて問題になりにくいのかを具体的な例を交えつつ、ここから解説していきたいと思います。

そもそも51%攻撃とはある地点の取引を無効化するために、それ以前のブロックから分岐した独自チェーンを自前で生成し、元のチェーンを追い抜くことで取引の一切を無効化しようとする攻撃のことを言います。

51%攻撃の概要

 

難易度が一定の期間において安定する場合は、以下のように変動するまでの間に追い抜けば51%攻撃を実行し成立させることが可能であるわけです。

通常のネットワークにおける51%

以上より難易度変更間隔が長いbitcoinやlitecoinにおいて起こりやすい攻撃であることがおわかりいただけたと思います。 ただしこの二つは既にハッシュレートがすさまじいことになっているため、攻撃は行うことは至難の業であるというのも確かです。

ではKGWではどうなのでしょうか? KGWの場合はそもそも1ブロック間隔での変更のため、monacoinの場合は90秒間隔で難易度が変更されます。 そのため、攻撃者が追い抜こうとしても難易度と時間の壁に阻まれるということが起こるのです。 以下はKGWの場合の例です。

KGWにおける51%

 

つまり攻撃者は、1blockごとにどんどんハッシュレートをあげていき発見間隔の短い状態を保ち続けるか、相対的に正規のネットワークのハッシュレートを引き下げてブロックの発見間隔を引き下げて追い抜く必要があるのです。

 

ちなみに、あくまで時間の壁に阻まれる時というのは過去から分岐させた場合だということをご注意ください。 現在から分岐させる場合や、過去からでも細工をすればこの攻撃はまだまだ成立しうるものと私は考えています。 先に書いたとおり、攻撃者の閉じたネットワーク内が安定したハッシュレートを維持したりどんどん上がっていっている状態で、通常のネットワークにおいてハッシュレートの低下などによる生成間隔の長期化を引き起こさせたりすれば、追い抜くことが可能であると考えているためです。

ただ通常のプールがこれを実行しようとすると、露骨にネットワークハッシュレートが下がり、他の人にバレてしまいやすいというのが最大の欠点です。 つまり51%攻撃というのは、通常ネットワーク内の者によって引き起こされるのではなく(もちろんリスクを承知すれば引き起こせますが)、ネットワーク外の者によって引き起こされる可能性のほうが圧倒的に高いのです。 これらは通常の難易度決定方式を採用している暗号通貨にも言えることです。

 

結局適度な分散を行わないと、プールがDDOSの餌食にあって間接的に攻撃に手を貸すなんてことにもなりかねません。 複数プールを設定するのもかまいませんが、他のプールに移るなどしておくとリスクを分散できるかもしれません。

どちらにしても、プールの利用料がかからないプールや安いプールがあったりするので、あまり集中しすぎないほうがmonacoinプールのリスク分散とプールの今後のためにも、自分の獲得mona量のためにもいいかも。

 

 

 

投稿者プロフィール

monaf
mona digest管理人です。 現在はmonacoinを中心として、各種暗号(仮想)通貨の記事を書かせてもらっています。
記事にしてほしいネタは左のタレこみフォームを利用して投下してもらうと気付きやすいです。
monacoin:MMditkELuURZgDPduLDLGYArA15G7nWFo3

-解説
-,

Copyright© mona digest , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.